度あり激安カラコン、ワンデータイプはどこで探せば良いか?

カラコンはファッション雑貨感覚の度なしのものだけではなく、視力の悪い方でも度入りのカラコンを利用することが可能です。

 

現在では度入りだからといって種類が減るわけでもありませんし、豊富な中からシチュエーションに合わせて選んでいくことができるでしょう。

 

さてそんな度入りのカラコンですが、やはりおすすめなのはワンデータイプのもの。
ワンデーはその名の通り1回きりの使い捨てタイプですから、目に優しいカラコンであると言えるでしょう。

 

カラコンは普通のコンタクトレンズに比べて色素の分さらに目に酸素を与えにくいと言われています。
ただでさえこうしてカラコンは目に負担を与えているわけですから、せめて衛生面だけでも気をつけていきたいものですよね。

 

度入りのワンデーカラコンをお探しでしたら、例えばカラコンの王道とも言えるキャンディーマジック、益若つばさちゃんプロデュースのバンビシリーズで知られるエンジェルカラーなど様々なブランドにありますよ。

 

ちなみにMew contactではワンデーのコンタクトを豊富に取りそろえており、上記のようなブランドももちろん購入することが可能です。
またワンデーのみならず1カ月用のレンズもいろいろあり人気が高いようです。

 

安全性が高いうえに価格は安い、そんなMew contactでお目当てのカラコンを探してみるのもありではないでしょうか。

 

危険なカラコン

カラコンには、全眼カラコンと呼ばれる黒目部分だけではなく、白目部分も覆うカラコンが発売されています。
使用用途としてはコスプレやハロウィンなど。

 

見た目のインパクトがあり、ちょっとしたパーティーなどで活用している人が多いようです。
ほんの短い時間の仮装用として着用する分には、そこまで大きな問題はありません。

 

しかし、普段使いとして、全眼カラコンを考えている方は使用しない方がよいでしょう。
長時間の使用で目の充血やかゆみ、酸欠など目によい影響を与えることは何一つとしてありません!

 

また、装着もしづらく実用度はかなり低いということを理解しておきましょう。
全眼カラコンは非常に流通している品数が少ないということもあり、1つあたりの値段も高価ということが挙げられます。

 

だいたい片目だけで3万円!
つまり両目で6万円以上はしてしてしまいます。

 

実用度が高く、さらにオシャレアイテムとしてカラコンを取り入れたいのなら、通常のカラコンがやはりおすすめ!
特に品数が多く、デザインやカラーバリエーション、度あり、度なし、ワンデーや1年使用タイプなど自分に合ったものを見つけたいのなら、こちらのサイトを利用すると便利でしょう。

 

自分の視力や黒目の大きさ等は事前に眼科やコンタクトレンズ屋さんで調べておく必要がありますが、すぐに事前情報が分かっていれば、バライティに富んだカラコンが、このサイトに揃っているのでおすすめです。

 

 

キャンディーマジック

カラコンを使用されている方ならキャンディーマジックと言えばもうお馴染みの存在かもしれませんね。

 

キャンディーマジックの大きな特長として挙げられるのが、たくさんの芸能人もこれを愛用しているということ。
そのためあこがれのモデルさんたちがいれば、みな使ってみたいなという気持ちにさせられますよね。

 

さてこのキャンディーマジックには本当にいろんな種類があって、例えばとにかく大きなぱっちりした目にしたい、そんなときにはKINGシリーズやBIGキャンディシリーズがおすすめでしょう。

 

またナチュラル且つデカ目、外国人のようにかわいい目になりたい、そのような希望もかなえてくれますよ。

 

それではこのキャンディーマジックのカラコンをどこで購入することができるのかということですが、激安商品を狙うならやっぱりMew contactがおすすめですよ。

 

Mew contactはすべて厚生労働省より認可されているカラコンばかりをとりあつかっています。
もちろんキャンディーマジックのカラコンも種類を豊富に取りそろえてありますよ。

 

もしかしたら価格だけに注目すればMew contactよりも安いものがほかにもあるかもしれません。
ですが価格そして安全の両面からポイントが高いのはやはりMew contactでしょう。

 

カラコンに関する様々な悩みはオンラインチャットでも質問することができますので、ぜひいろんなサービスを活用していってくださいね。

 

厚生省のカラコンについて言及しているページはこちら

 

 

カラコンがもたらすメリット・デメリット

近年の美容ブームやモデルさんの影響もあってか、カラコンの利用者人口が増えていると聞きます。

 

しかし、その多くはカラコンの正しい知識がないにもかかわらず、ちょっとしたファッション感覚で付けているのが実情のようで、その結果、カラコンによる目の健康被害が一定の確率で起きているのです。そんな目に遭ってからでは遅いので、これからみなさんにカラコンのメリット・デメリットをお伝えしていきたいと思います。

 

 まずはメリット。一つ目は、カラコンブームを背景に様々なカラーリングがリリースされており、ファッションやその日の気分に合わせてカラコンを付けるといった楽しみ方が可能です。
自分のイメージを変えたい時やコスプレする時にも有効でしょう。二つ目は、最大の長所とも言うべき「目を大きく見せれる効果」です。

 

ブラックやブラウンの縁周りにのみ色が入っている通称:サークルレンズを装着すれば、黒目が大きくなり、結果的に目が大きく見えるわけです。

 

 お次はデメリット。一番危険なのは、低価格のあまり有害物質を使用しているカラコンが市場に出回っていることです。
そういったカラコンを長時間使うと、色素が溶け出し、眼球は大ダメージを負います。最悪の場合、失明なんてこともあるみたいです。

 

また、認可されている安全なカラコンでも、長時間使用やケア不足、使用法の誤りなどで目のトラブルに陥る場合もあります。
 上記のメリット・デメリットをキチンと頭に入れ、楽しいカラコンライフを送って下さい!

 

 

 

おしゃれの必須アイテムとなっているカラコンですが、ユーザーも多くなっている反面、それに関する目のトラブルも増えてきていますよね。
実は私たちが普段使うカラコンは恐らくほぼすべて海外製。
特に韓国や台湾の製品が多いのですが、やはりそれにも関係しているようなのです。
それでは目の安全を確保するためにも日本製のカラコンを利用することは可能なのでしょうか?

 

実はカラコンはこれまで日本国内で日本製というものは流通しておらず、100%海外製品でした。
もしかしたらこれまでに「日本製」という文字を見かけたことがあるかもしれませんが、生産国を偽っている可能性もありますので注意が必要です。
しかし今年2014年の春にようやくフォーリンアイズと呼ばれるメーカーから初めて国内産のカラコンが販売されるようになりましたよ。
「フォーリンアイズ(R)PREMIUM」という名前で探してみるとよいでしょう。
と言いますのもフォーリンアイズで販売されるすべてが国内産というわけではないからなのです。
販売されているカラコンのほとんどは韓国製ですからよく注意して選ぶようにしてくださいね。

 

 

こうして現在では日本製のカラコンが存在するのですが、確かに製造過程での安全性はかなり高いものでその分価格も高めに設定されているのが実際です。
ただそんな安全性の高い日本製カラコンも使い方を間違えれば結局のところ目に大きな負担をかけてしまいます。
そう考えると海外製でも安全性の高いものはいくらでもありますから、正しく使ってお得に利用するのも賢い方法かもしれませんね。

 

 

そこで海外製ではありますが厚生労働省の認可カラコンのみを取り扱っているMew contactを利用してみるのはいかがでしょう。
様々な相談はオンラインチャットを通してアドバイザーに質問できますので安心ですよ。

更新履歴